DLCコーティング装置・表面処理・薄膜分析のナノテック株式会社

応募いたしました
採用情報

弊社では、各部門において即戦力となる人材を募集しております。

メール送信いたしました

ご応募ありがとうございました。
担当者宛にエントリーフォームを送信いたしました。
 
担当者より折り返しご連絡させていただきます。

お問合せ

採用担当:我妻(わがつま) TEL:04−7135−6111

2017年06月07日
エントリーフォーム
採用情報

下記募集要項をご覧の上、エントリーフォームに必要事項を入力して応募してください。

エントリーフォーム

募集要項

 勤務地

千葉県柏市十余二572-61 ナノテクプラザ

 採用方法

書類選考、筆記試験、面接、など

 応募資格

各採用情報に明記

 勤務時間

9:00~18:00

 休 日

土、日、祝日、夏季・年末年始休暇、創立記念日
年間休日125日

 有給休暇

法定の通り

 給 与

当社規定に準じ、経験や能力により決定します。

 諸手当

通勤手当、家族手当、住宅手当、時間外手当 等

 昇 給

あり(業績に応じて)

 賞 与

あり(業績に応じて)

 福利厚生

各種社会保険完備(健康・厚生年金・労災・雇用)
退職金制度

 定 年

62歳(再雇用制度あり)

エントリーフォーム

※印は必須項目

 希望職種

受託成膜部門・検品作業 
受託成膜部門・法人営業 
受託成膜部門・受託コーティング軽作業 
薄膜評価試験部 
研究開発部門 
装置製造部門 

 氏  名

 名

 フリガナ

 名

 性  別

男 女 

 生年月日

年 月 ※年数は西暦を半角英数

 住  所

郵便番号

都道府県 市町村

町名 番地

アパート建物名 部屋番号

 電話番号

 メール
 アドレス


確認

 学  歴

※学歴を簡単に記入してください

 職  歴

※職歴を簡単に記入してください

 志望動機

※当社への志望動機をお教えください

 取得資格

※お持ちの資格・免許をお教えください

 あなたご自身
 について

※あなたのアピールポイントをお教えください

 ご質問

※質問がありましたらご記入ください

 

 

 

お問合せ

採用担当:我妻(わがつま) TEL:04−7135−6111

2017年05月22日
出店情報
ナノテック 出展情報

材料に高度な機能(耐摩耗・潤滑・絶縁・耐食・耐熱等)を付加させるDLCコーティングによる表面改質サービスを基本業務として、装置製造・研究開発・用途開拓に日夜努力を続けている最先端の会社です。

出展情報

2017年01月 ただいま、出展情報を改訂中です。

2017年01月17日
ナノテック 資料請求エラー

 

大変ご迷惑をおかけしおります。

 

ただいま迷惑メール対策の為、

迷惑メール対策フィールドに半角小文字エヌエーエヌオーと入力されていない場合はメールを配信しないように設定されています。

 

 

ブラウザの戻るボタンで戻って入力して送信ボタンを押して下さい。

 

宜しくお願い致します。

2016年01月25日
ナノテック 資料請求エラー
ナノテック フォーム送信

送信エラー

 

お名前か会社名のどちらかを記入してから送信してください。

 

ブラウザの戻るボタンで記入途中の画面に戻ります。

2016年01月25日
ナノテック 資料請求完了
ナノテック フォーム送信

送信いたしました

 

ナノテックへ資料を請求頂きありがとうございます。

至急ご連絡を致しますが、お急ぎの方は直接電話にてご連絡ください。

ナノテック株式会社(本社)
電話:04-7135-6111  ※平日9:00〜18:00

2016年01月25日
分析のご依頼
ナノテック 分析のご依頼

ナノテック株式会社への分析のご依頼はこちらから

分析依頼

分析のご依頼の際には、下記の「測定のご依頼フォーム」に必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックして下さい。コーティング装置、コーティングサービス、薄膜評価試験機の資料を
ご希望の方は「資料請求フォーム」からお申し込みください。
取得した個人情報について
「分析依頼フォーム」で収集した個人情報は、次の範囲内でのみ利用いたします。
ご依頼に関するご連絡・確認
収集した個人情報を、皆様の許可なく第三者に提供することはありません。ただし、法律に基づき開示しなければならない場合、個人情報を開示することがあります。
分析依頼フォーム
会社名
部署名
お名前
郵便番号
住所
電話
FAX
E-mail
測定目的・サンプルの詳細
 
ご希望の分析サービス
硬さをは測りたい ヤング率を測りたい 密着力を測りたい
傷付き易さを測りたい 摩擦係数を測りたい
摩耗量を測りたい JIS R 1613の測定 膜厚を測りたい
表面の粗さを測りたい 表面形状を測りたい 環境試験(恒温恒湿槽) その他
 
測定条件
 
今回のお問い合わせ頂いたサービスを知った経緯を教えてください
 

2016年01月19日
ISO/IEC 17025 : 2005 認定取得
ナノテック プレス

材料に高度な機能(耐摩耗・潤滑・絶縁・耐食・耐熱等)を付加させるDLCコーティングによる表面改質サービスを基本業務として、装置製造・研究開発・用途開拓に日夜努力を続けている最先端の会社です。

プレス

ISO/IEC 17025 : 2005 認定取得

ISO/IEC 17025 : 2005 認定取得
国際的な試験所認定であるISO/IEC 17025 :2005の認定を
(財)日本適合性認定協会(JAB)より取得しました。

認定範囲:
M25 機械・物理試験
M25.20 無機材料検査・試験
M25.20.4 セラミックス
JIS R 1613 [7.1 a), 7.2 a) を除く]


2016年01月19日
研究開発実績
ナノテック 研究開発実績

材料に高度な機能(耐摩耗・潤滑・絶縁・耐食・耐熱等)を付加させるDLCコーティングによる表面改質サービスを基本業務として、装置製造・研究開発・用途開拓に日夜努力を続けている最先端の会社です。

研究開発実績

1.学協会誌等掲載研究論文

1) 負パルスバイアスイオンビーム蒸着法によるダイヤモンド状炭素成膜
(中森秀樹、吉田仁紀、鈴木薫)
2002年3月 電気学会誌論文誌A、Vol.121-A No.3、PP.274~280
2) DLC薄膜を成膜させた各種アルミニウム合金表面の摩擦摩耗特性に及ぼす
中間層の影響
(中森秀樹、時末光、香賀健太、平塚傑工)
2006年2月 軽金属、第56巻第2号、PP.77~81
3) Reduction effect of nickel ion release on a daimond-like carbon film coated onto an
ortodonticarchwire
Y.Ohgoe,S.Kobayashi,K.Ozeki,H.Nakamori,K.Hiratkuri and O.Miyashita
Thin Solid Films,No.497,(2006)218-222)350-354.
4) Classification of DLC films in terms of biological response,Ohgoe, Y., Hirakuri, K. K.,
Saitoh, H., Nakahigashi, T., Ohtake, N., Hirata, A .,Kanda,K., Hiratsuka, M.,Fukui,Y.,Surface
and Coatings Technology, 207,350-354(2012)
5) Extraordinary deposition rate of diamond-like carbon film using HIPIMS technology
Masanori Hiratsuka, Akiyoshi Azuma, Hideki Nakamori, Yasuo Kogo, Ken Yukimura,
Surface and Coatings Technology, 229, 46-49 (2013).
6) Correlation between Optical Properties and Hardness of Diamond-Like Carbon Films
Masanori HIRATSUKA, Hideki NAKAMORI, Yasuo KOGO, Masayuki SAKURAI, Naoto
OHTAKE and Hidetoshi SAITOH,
Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, Vol. 7, 2, 187-198 (2013).
7) Improved Hemolytic Performance of Blood Pump with Fluorine-Doped Hydrogenated
Amorphous Carbon Coating
Yasuharu Ohgoe, Masanori Hiratsuka, Hirohito Sumikura, Kazuyoshi Fukunaga, Akihiko
Homma, Kenji K. Hirakuri, Akio Funakubo, Yasuhiro Fukui1Advances in Chemical
Engineering and Science, 3, 10-16( 2013)
2.その他印刷物

1) 薄膜被覆技術の金型への応用 : ダイヤモンドライクカーボン薄膜の実用化現状と今後の展開
(特集 金型の長寿命化に向けた 最新・表面処理の活用法)
鈴木 哲也 , 森 貴則 , 平塚 傑工,型技術 29(8), 18-23, (2014)
2) DLCと高機能カーボン膜によるバイオ・医療分野への応用 (小特集 表面技術とバイオ医療応
用デバイス),
平塚 傑工,
表面技術(Journal of the Surface Finishing Society of Japan) 65(6), 268-271, (2014)
3) DLCから進化した高機能膜ICFと新型水素フリーICF成膜装置 (特集 高機能材料表面を実現するトライボコーティング技術),
平塚 傑工 , 中森 秀樹,
機能材料 34(2), 31-37, (2014)
4) DLC膜の規格化について,
大竹 尚登 , 平塚 傑工 , 齋藤 秀俊,
トライボロジスト 58(8), 538-544,(2013)
5) DLC膜の高機能化,
平塚 傑工,
New diamond 29(3), 13-19, (2013)
6) DLC膜の評価試験の国際標準化状況,
平塚 傑工
材料の科学と工学 ( Materials science and technology), 50(3), 84-88, (2013)
7) 撥水ICFコーティングの医療機器・器具への応用 (特集 撥水/撥油,防汚に貢献するマテリアル
の技術トレンド),
中森 秀樹 , 平塚 傑工,
Material stage 12(11), 49-52, (2013)
8) DLC膜の規格化について (特集 硬質炭素膜のトライボロジー),
大竹 尚登 , 平塚 傑工 , 齋藤 秀俊,
トライボロジスト 58(8), 538-544, (2013)
9) 第 60 回応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(2013 春 神奈川工科大学),
28a-A6-9,(2013)“細胞親和性の異なる DLC 膜への酸素プラズマ処理を利用した表面改質,
多田 晴菜,木村 洋裕,日比野 麻衣,大越 康晴,平塚 傑工,中森 秀樹,森山 匠,Nataliya Nabatova-Gabain ,櫻井 正行,Ali Alanazi,斉藤秀俊,平栗 健二,深田 直樹,福井 康裕
10) DLC膜の評価試験の国際標準化状況 (特集 ダイヤモンドライクカーボン : 規格化へ向けて),
平塚 傑工,
材料の科学と工学 : 日本材料科学会誌 50(3), 84-88,(2013)
11) DLCと高機能膜ICFによる医療関連材料への適用 (特集 新しい産業・分野を拓く表面改質),
平塚 傑工,
Mechanical surface tech(メカニカル・サーフェス・テック) : 表面改質&表面試験・評価の技術
情報誌,10, 16-19, (2012)
12) DLCの高機能膜化と産業応用 (特集 DLC膜の応用展開と国際標準化の最前線),
平塚 傑工,
工業材料 60(9), 46-52, (2012)
13) DLCの分類について (特集 DLC膜の応用展開と国際標準化の最前線),
大竹 尚登 , 平塚 傑工 , 齋藤 秀俊,
工業材料 60(9), 18-24, (2012)
14) DLCの標準化と試験評価技術 (特集 トライボロジー試験・測定技術)
平塚 傑工 , 大竹 尚登 , 齋藤 秀俊
月刊トライボロジー 26(8), 52-54, (2012)
15) 分光エリプソメトリ法による屈折率と消衰係数の測定 (DLC標準化と評価技術特集),
平塚 傑工,
New diamond 28(3), 38-40, (2012)
16) ナノインデンテーション法による硬さ・ヤング率測定 (DLC標準化と評価技術特集),
平塚 傑工,
NEW DIAMOND,28(3), 31-33,(2012)
17) DLC膜の分類と標準化 (DLC標準化と評価技術特集),
大竹 尚登 , 平塚 傑工 , 斎藤 秀俊,
NEW DIAMOND,28(3), 12-18, (2012)
18) 薄膜におけるナノ物性の試験・評価方法 : DLC評価における事例 (特集 ナノテクノロジーを支
える表面改質と試験・評価技術),
平塚 傑工,
Mst : 表面改質&表面試験・評価の技術情報誌 (6), 22-24, (2012)
19) DLCから進化した高機能膜ICFの成膜技術と特性評価 (小特集 表面改質,めっき処理による
金属材料の機械特性改善とその評価技術),
平塚 傑工 , 今井 健雄 , 中森 秀樹
材料試験技術 57(1), 13-17, (2012)
20) DLCと高機能膜ICFによる医療関連材料への表面処理,
平塚 傑工 , 中森 秀樹,
材料の科学と工学 Materials science and technology 48(6), 267-271, (2011)
21) 新規プロセス・新材料の将来展望–炭素系材料コーティング,CVDダイヤモンド,
ナノカーボンを中心に,
平塚 傑工 , 茶谷原 昭義 , 小海 文夫,大竹尚登
NEW DIAMOND,27(1), 79-87, (2011)
22) ICF被覆を施したTi-13Nb-13Zr合金の性能評価,
三木 将仁 , 森田 真史 , 平塚 傑工
埼玉大学地域オープンイノベーションセンター紀要 3, 50-53,(2011)
23) DLCコーティング技術とトライボロジー特性–DLCから進化した高機能膜ICF
(特集 材料のトライボロジー),
平塚 傑工,
材料技術 28(6), 284-291,(2010)
24) DLC薄膜太陽電池の研究開発動向 (特集 太陽光発電システム),
平塚 傑工,
月刊トライボロジー 23(11), 40-42, (2009)
25) 高密度パルスプラズマ生成用高電圧 – 大電流パルス電源の開発,
横田 達也 , 坂本 哲也 , 林 剛 , 豊田 光廣 , 坪井 仁美 , 平塚 傑工 , 中森 秀樹 , 行村 健,
電気学会研究会資料. PST, プラズマ研究会 2009(53), 95-98, (2009)
26) 月刊トライボロジー「トライボロジーQ&A」2008年4月~9月連載記事執筆,
平塚傑工
27) 硬質薄膜のトライボロジー特性評価試験の国際規格動向 (特集 トライボロジー試験・
測定技術),
平塚 傑工,
月刊トライボロジー 21(8), 22-24,(2007)
28) DLC薄膜を成膜させた各種アルミニウム合金表面の摩擦摩耗特性に及ぼす中間層の影響,
中森 秀樹 , 時末 光 , 嘉賀 健太, 平塚 傑工,
軽金属 56(2), 77-81,(2006)
29) Safety evaluation and the coating applications of the medical materials:-The laboratory
accreditation ISO/IEC17025-,
平塚 傑工 , 今井 健雄 , ボロレ グウェン , 中森 秀樹,
ライフサポート 18, 24-24, (2006)
30) DLC薄膜のトライボロジー(<特集>ナノ・マイクロトライボロジー),
中森 秀樹 , 平塚 傑工 , ボロレ グウェン,
精密工学会誌 71(9), 1090-1093,(2005)
31) FIB-CVD法によるDLCの作製と機械的特性,
八木 貴弘 , 向後 保雄 , 谷口 淳 , 宮本 岩男 , 坂本 直道 , 安野 拓也 , 平塚 傑工,精密工学
会学術講演会講演論文集 2004A(0), 390-390, (2004)
32) 第 1 部 (35) PSII・DLC 被膜の開発と界面信頼性改善,
西口 晃 , 平塚 傑工 , 中森 秀樹,
材料力学部門春のシンポジウム講演論文集 2003, 160-165, (2003)
33) ポストアニールしたDLC膜の機械的物性の研究(OS 材料の超精密加工とマイクロ加工),
角谷 透 , 平塚 傑工 , 西口 晃 , 中森 秀樹 , 三尾 淳 , 鈴木 薫,
機械材料・材料加工技術講演会講演論文集 2000(8), 43-44,(2000)
34) DLC膜の成膜技術と課題
中森秀樹
PETROTECH,Vol.28No.3,MAR,2005,PP.152~155
35) PSII(プラズマソースイオン注入)法による硬質皮膜製作の現状と金型への応用
中森秀樹
日本塑性加工学会誌、第46巻、第536号、PP.8~12(2005)
36) DLC薄膜のトライボロジー
中森秀樹、平塚傑工、グウェンボロレ
精密工学会誌,Vol.71,PP.1090~1093(2005)
37) プラズマイオン注入によるDLC (ダイヤモンド状炭素)成膜
吉田仁紀、中森秀樹、鈴木薫、中田順治
電気学会・放電研究会資料、ED-00-21、PP.49~54
38) DLC薄膜の制御とPSII
中森秀樹
月刊 アイオニクス「イオンの科学と技術」、第25巻別冊、PP.27~35(1999)

2016年01月19日
出版書籍
ナノテック 出版書籍

材料に高度な機能(耐摩耗・潤滑・絶縁・耐食・耐熱等)を付加させるDLCコーティングによる表面改質サービスを基本業務として、装置製造・研究開発・用途開拓に日夜努力を続けている最先端の会社です。

出版書籍

2016年 7月 DLCの基礎と応用展開
 大竹尚登監修,シーエムシー出版
  平塚傑工 以下部分執筆
 第2章 機械的応用展開
   2.分析の視点からの機械的応用と特徴, P86-92
 第4章 次世代DLC応用のためのキー技術
  大電力パルススパッタリングによるDLC成膜技術,P230-236
2015年 5月 西谷要介編,株式会社シーエムシー出版
 「高分子トライボロジーの制御と応用」
 第14章「DLC膜によるトライボロジー制御」
 平塚傑工部分執筆
2007年 7月 薄膜の機械的物性と不良対策・高品質化
 平塚傑工(部分執筆)
 サイエンス&テクノロジー
2006年 11月 生産現場・開発現場において役立つ薄膜作製技術
 平塚傑工(部分執筆)
 リアライズ理工センター
2006年 6月 DLC膜ハンドブック
 斉藤秀俊 / 中森秀樹(部分執筆) / 西口晃(部分執筆)
 株式会社エヌ・ティ-・エス
2003年 5月 事例で学ぶDLC成膜技術
 鈴木秀人 / 池永勝 / 西口晃(部分執筆)
 日刊工業新聞社

2016年01月19日

Copyright© 2020 Nanotec Corporation. All Rights Reserved.