DLCコーティング装置・表面処理・薄膜分析のナノテック株式会社

CrN コーティング

コスト削減、省エネ、耐久性、寿命向上に役立つ各種コーティングでお客様のニーズに合わせた表面処理を少量サンプル試作から大大量生産まで幅広い受託加工に対応しています。

コーティング受託加工

CrNコーティング(窒化クロムコーティング)
耐腐食性に優れ、耐熱性も高いため焼き付きの抑制にも優れた皮膜です。銅の切削や成型加工工具の⾧寿命化に定評があります。また、各種プラスチックなど樹脂素材との離型性にも優れた効果を発揮し、樹脂成型金型の省メンテナンス化にも貢献しています。

1、耐食性、焼き付きによるカジリが改善。
2、高温による酸化性は1000度の環境下でもあまり酸化しません。
3、硬度はクロムメッキがHV1,000に対しCrNコーティングはHV1,800以上になります。

 

銅の切削、成形加工の工具鋼にCrNをコーティングすることによって工具の寿命が数倍から数十倍に向上します。

ゴム・プラスチック金型ではCrNが摩擦抵抗を低減させる為、ゴム・プラスチック樹脂の離型性が大変良くなりメンテナンス不要でショット数が向上、高い耐食性と耐熱性を有しているので摩耗もなく腐蝕ガスでの腐食予防にもなります。ポリカーボネート加工用の金型などでも金型の損傷を大幅減少させることが出来ます。

機械部品の摺動部品には、CrNは摩擦摩耗により発生する熱に対して優れた耐酸化特性を持っているのでCrNを被膜することによって摺動性が良くなりカジリ防止などにもなります。

CrNとは

硬質クロムメッキのDRYコーティング版としての位置付けで開発されたCrN被膜は高い耐食性と耐熱性を有します。内部応力が他の被膜と比べて低く、厚膜化が比較的に容易で、ピストンリングなどの自動車部品やゴム成形金型などに適用されています。

●用途・応用例

・ゴム、プラスチック成形金型の離型性
・銅の切削・金型の寿命向上
・ダイカストなどの熱間成形金型の溶損、ヒートクラック、
 焼き付き、カジリ予防、製品の不良率を低減
・機械部品の腐食防止、焼き付き、カジリ予防

《CrN コーティング仕様》

色調 シルバーグレー
硬度 HV1,800~2,100
膜厚 2~3μm
耐熱温度 800℃
摩擦係数 0.5
処理温度 500℃以下
性能 耐腐食性向上、焼付防止
応用例 鉄鋼系材料用切削工具、冷間成形加工金型・工具、打ち抜き工具、ゴム・プラスチック金型、機械摺動部品

Copyright© 2020 Nanotec Corporation. All Rights Reserved.