DLCコーティング・表面処理・薄膜分析のナノテック株式会社

高耐久性 ICFコーティング

コスト削減、省エネ、耐久性、寿命向上に役立つDLCとICFコーティングでお客様のニーズに合わせた表面処理を少量サンプル試作から大量生産の受託加工を行っています。

コーティング受託加工

高耐久性 ICF

耐久性,耐摩耗性

従来、DLC膜は硬いが故に割れやすい、剥離しやすいと言われてきました。
コーティング条件や膜の傾斜層の工夫により、初期摩擦係数が低く(μ=0.15)、高い荷重
が加わっても、剥離しにくく、耐久性と耐摩耗性に優れた高耐久性ICFを開発しました。
メンテナンスフリーを目指して使用する金型や摺動部品の信頼性や寿命向上に貢献します。

機械的特性評価 初期摩耗係数 μ=0.130 μ=0.145

高耐久性ICF摩擦係数データ
ボールオンディスク摩擦摩耗試験条件(CSM社 TRIBOMETER使用)
WC-Co+ICF高耐摩耗 2μm ボール材質:超硬合金 φ6mm
荷重:20N  周速度:100mm/sec  移動距離:1000m

ディスク摩耗痕

従来DLC 高耐久性 ICF
従来DLCよりもさらに高耐久
従来DLCと比べ1/100になり、DLCよりも高い高耐久性を実現

用途

用途 圧粉成形金型(面圧の高い成型金型)
高面圧ギア(初期摩擦係数が低い)
応用例 マグネット圧粉成形パンチ(SKD11)
目的 粉の付着防止、パンチ鏡面部の保護
使用条件 無潤滑 上下プレス
結果 DLC-Hard 10,000ショット ICF高耐摩耗 300,000ショット
30倍寿命向上
仕様

コートサイズ φ200×150mm
硬度 1,000~1,200HV(ナノインデンテーション)
膜厚 2~3μm
摩擦係数 0.13~0.16(ボールオンディスク法)

Copyright© 2019 Nanotec Corporation. All Rights Reserved.