DLCコーティング・表面処理・薄膜分析のナノテック株式会社

TiN コーティング

コスト削減、省エネ、耐久性、寿命向上に役立つDLCとICFコーティングでお客様のニーズに合わせた表面処理を少量サンプル試作から大量生産の受託加工を行っています。

コーティング受託加工

TiN コーティング 窒化チタンコーティング チタンコーティング

窒化チタン

HCD型 イオンプレーティングのTiN 表面処理
耐摩耗性の高いTiN表面処理をHCD法で高密着に成膜
製品の寿命を数倍にしてコストダウン、平滑性に優れていてさびにくく品質の向上にも貢献 短納期(当日出荷)での対応も可能

 

HCD(ホロカソード)PVDコーティングで成膜したTiNコーティングは平滑性に優れており面粗度を重要とする冷間成形用金型や鏡面金型などにも適しております。硬度もHv2300と硬く、耐磨耗性、耐蝕性に優れていて摩耗し辛く、錆び難い為、品質の向上に貢献することが出来ます。

当社コーティングはホロカソード法に加えイオンプレーティング法でコーティングしていますので高硬度、高密着力と硬く密着性の高い優れたコーティングを可能としています。

チタンの特性としては人体にも優しく親和性に優れている性質を持っており人工骨やピアスの素材などとしても利用されている成分になります。チタンは自然界で大変多い成分でして比較的安価な物質でPVDコーティングの中でも大変低価格なコーティングになっております。

TiNとは

黄金色で切削工具などで目にする機会が多い被膜です。PVDコーティングの中でも最も凡用的で品質的にも安定した被膜です。靭性の高い車から衝撃荷重がかかるパンチやダイにも使用されています。

●用途・応用例 /TiNコーティング

・鉄鋼系材料用切削工具
・冷間成型工具
・プラスティック金型
・機械部品
・極細ピン(特殊成膜にて対応致します)

●特徴 /TiNコーティング
AIP(アーク放電)とHCD(ホロカソード放電)によるTiN膜の表面粗さの比較

左がAIP(アーク放電)にて成膜したもので右が当社HCD(ホロカソード放電)で成膜したものです。 当社HCD(ホロカソード放電)はAPI(アーク放電)と比べ10倍以上の面粗度の差があります。
表面粗さ:AIP法 Ra=100nm(ナノメートル)~200nm HCD法 Ra=10nm(ナノメートル)~20nm

極細ピンへのTiN(窒化チタン膜)表面処理

今までPVDの表面処理が困難であった微細加工用の極細ピン・パンチ類への受託コーティングを承ります。従来、これらの微細加工用工具類は、ピンの寿命向上に良い結果が出ても、膜厚のバラつき、ピンへのエッチングダメージ、変形、寸法変化などで、PVD表面処理は困難でした。当社では専用装置・プロセスを開発し、φ0.1mmの極細ピンへの高精度成膜を可能としました。エッジ損傷もなく、高密着なTiNを成膜でき、製品寿命を数倍に上げることが出来ます。

●用途・応用例 /TiNコーティング 極細ピン
・インクジェットプリンタのインクノズルオリフィス用パンチ
・積層セラミックパッケージの打ち抜きパンチ
・放電加工用電極材
・インパクトプリンタ用ドットピン

●成膜仕様 /TiNコーティング

膜種 TiN(窒化チタン)
色調 ゴールド(金色)
硬度 2300Hv
膜厚 2~3μm
耐熱温度 500℃
摩擦係数 0.4
処理温度 400~500℃
特性 耐摩耗性向上
用途 切削工具全般、一般金型

Copyright© 2019 Nanotec Corporation. All Rights Reserved.