DLCコーティング装置・表面処理・薄膜分析のナノテック株式会社

表面分析

受託分析における注意事項

オートクレーターによる膜厚測定

●膜厚測定の注意事項●

透明な基材上の透明膜等ではコントラスト明確でないとき、表面粗さが粗く界面付近が明確でない場合に測定が難しい場合があります。

●膜厚測定注意事項●

多層膜の場合はあらかじめご連絡ください。

摩擦摩耗試験の摩耗量測定

●摩耗量測定の注意事項●

表面粗さが粗く摩耗が小さい場合に、摩耗量測定が難しい場合があります。
※摩耗量測定は、以前までは接触式でしたが、今回(今後)は、レーザー顕微鏡による非接触式計測となります。

スクラッチ試験 RSTの膜厚測定

●RST測定の注意事項●

膜厚が極端に厚い場合は、明確なはく離が観察されない場合があります。

●CSR5000測定の注意事項●

複層の場合、振動式スクラッチ試験による変化点のポイントを計測いたしますが、 どの層での変化であるかは判断できません。

硬さ試験 ENT NHT

●硬さ試験の注意事項●

試料は、上面下面が平行で平面であることが必要です。
表面粗さが大きい場合、測定できない場合やばらつきの要因になる場合があります。
押し込み深さが、膜厚の10%(基板や膜の硬さにより変動)以下でない場合に基材の硬さの影響を受ける可能性があります。薄膜の硬さ試験の場合は、膜厚を必ずご連絡下さい。
裏面に接着材を使用して固定しますので、問題ある場合はご連絡願います 磁気を帯びたサンプルは測定できません。必ず脱磁を行ってください。
埋め込みサンプルの場合、エッジの部分が盛り上がっていると圧子がぶつかる場合があります。
必ず上面下面が平行でバリ等が無いようにして下さい。
また、埋め込みサンプルの樹脂が帯電しやすい場合は測定値に影響する場合があります。

●ナノインデンテーション測定の注意事項●

試験後の観察目的で、圧痕の位置情報を希望する場合は、予め試料へのマーキングをお願いします。
マーキング点からXY移動距離を記録します。 硬質薄膜は試験機の顕微鏡では圧痕が見えない為、観察画像は不可。

THT

●高温摩擦摩耗試験の注意事項●

試験環境は大気中です。
可能な限り予備の試料のご準備をお願い致します。

エリプソ

●分光エリプソメトリ測定の注意事項●

成膜していない基板もご準備下さい。

Copyright© 2020 Nanotec Corporation. All Rights Reserved.